主催者

2016年10月12日(水) 15:00-17:00

アネックスホール
F205/F206

同時通訳

再生医療に取り組む最先端企業の現状と今後の展開

再生医療の新制度施行により、産業化を推進する環境が整い、本格的に再生医療に参入する企業が増えてきている。そこで、既に事業を進めている企業、新制度の下、昨年参入した企業、間もなく参入する企業の方々に再生医療産業化における現状と将来を語っていただき、再生医療産業化の課題を浮き彫りにしたい。併せて再生医療産業化で課題となる他家細胞の免疫拒絶への対策について最新研究をご紹介いただく。

コーディネーター

吉岡 康弘

富士フイルム 参与

J-TECの現状と今後の展開

比留間 愛一郎

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 代表取締役 社長執行役員

再生医療等製品「ハートシート®」の開発と展開

鮫島 正

テルモ ハートシート事業室

ヒト同種幹細胞製品「テムセル® HS注」の開発と承認

毛利 善一

JCRファーマ 開発顧問

再生医療製品の開発の現状と今後の展開

木村 徹

大日本住友製薬 取締役 執行役員  経営企画部長 兼 再生・細胞医薬事業推進担当

移植免疫寛容を誘導する新薬開発

石井 保之

レグイミューン 代表取締役会長

このウィンドウを閉じる