主催者

2016年10月14日(金) 09:30-11:00

アネックスホール
F205/F206

同時通訳

iPS細胞研究アップデート

BioJapan恒例のiPS細胞の研究開発の最先端を紹介、次の一手を議論する。今回はクリニカルグレードのiPS細胞の供給とそれに基づく、再生医療の開発に的を絞る。講演とその後、講師を交えたパネルディスカッションで、iPS細胞の再生医療の課題に迫る。

コーディネーター

宮田 満

日経BP社 特命編集委員

iPS細胞ストックの現状と課題、産業応用の面から

高須 直子

京都大学iPS細胞研究所 基盤技術研究部門 副所長/教授

心疾患の治療を目指したiPS細胞の次世代研究

福田 恵一

慶應義塾大学 医学部循環器内科 教授

パネルディスカッション: iPS細胞でどう再生医療を実用化するのか?

このウィンドウを閉じる