主催者

2016年10月14日(金) 10:00-11:30

アネックスホール
F204

同時通訳

先進農業に関する展望

持続可能で効率的な新しい農業技術開発の重要性は今後ますます増大する。本セッションでは、先進農業の事例として、産官学連携や企業によるIoTやドローンの活用事例や食料生産を維持しつつ大量の再生可能エネルギーを生産・利用する技術開発について紹介する。

コーディネーター

柴田 大輔

かずさDNA研究所 バイオ研究開発部 部長 バイオ共同研究/開発センター長 研究部長

佐賀における産学官連携によるIT農業分野の研究開発

渡邉 啓一

佐賀大学 教授 学部長

農業ICTによるイノベーション

若林 毅

富士通 イノベーティブサービス事業部 ソーシャルイノベーションビジネス統括部 シニアディレ クター

農業生産と再生可能エネルギー生産の両立

柴田 大輔

京都大学大学院 農学研究科 特任教授

このウィンドウを閉じる