主催者

2016年10月14日(金) 13:30-15:30

アネックスホール
F204

同時通訳

商業化が見えてきた遺伝子治療の最先端
-AAVベクター・腫瘍溶解性ウイルス・CAR-T・ゲノム編集-

しばらく停滞していた遺伝子治療が、欧米を中心に復活してきている。アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターを用いた遺伝子治療の臨床開発が進み、パーキンソン病、AADC欠損症、レーバー先天性黒内障、血友病Bなどで有効性が示されている。癌に対する遺伝子治療では、腫瘍溶解性ウイルス療法やキメラ抗原受容体(CAR)発現Tリンパ球を用いた遺伝子治療が脚光を浴びている。注目のゲノム編集技術の臨床応用もスタートした。

コーディネーター

小澤 敬也

東京大学医科学研究所 附属病院長/
同 遺伝子・細胞治療センター長/
同 先端医療研究センター・遺伝子治療開発分野 教授/
自治医科大学 免疫遺伝子細胞治療学(タカラバイオ)講座客員教授

小児神経疾患に対する遺伝子治療—AADC欠損症への有効性—

山形 崇倫

自治医科大学小児科 教授

Michael Linden

VP Gene Therapy and Head Genetic Medicine Institute, Pfizer

Oncolytic viral therapy -changing the paradigm of cancer treatment

Robert H.I. Andtbacka

Associate Professor, Surgical Oncology Department of Surgery, University of Utah / Co-Director, Melanoma Program, Huntsman Cancer Institute

Enhancing the Power of Allogeneic CAR T-Cells by Gene Editing

André Choulika

President and Chief Executive Officer, Cellectis

Renova Therapeutics: Transformational Gene Therapies and Peptide Infusions for Chronic Diseases

Jack W. Reich

CEO and Co-Founder, Renova Therapeutics

このウィンドウを閉じる