ランチョン

2016年10月13日(木) 12:00-13:00

アネックスホール
F201

同時通訳

バイエル薬品

それぞれの強みを活かした研究開発に向けて - バイエル社のパートナリング戦略

バイエルは、クオリティ・オブ・ライフに貢献するため、サイエンスを駆使して疾患への理解を深め、革新的な治療法を探索しています。より専門化・高度化していく創薬研究開発の中で、お互いの強みと能力を補完できるパートナーとの協力は必要不可欠であり、バイエルでは、それぞれのパートナー・地域特性に合わせた様々なコラボレーションの形態を用いています。本セッションでは弊社のパートナリング戦略について事例を用いながら解説します。

コーディネーター

栗原 哲也

バイエル薬品 アライアンスマネジャー / オープンイノベーションセンター

Hanno Wild

Senior Vice President, Head of Candidate Generation & External Innovation, Pharmaceuticals Division of Bayer, Bayer Pharma

Joe Havrilla

Senior Vice President, Head of Business Development & Licensing, Pharmaceuticals Division of Bayer, Bayer Pharma

このウィンドウを閉じる