2016年10月13日(木) 13:15-14:15

アネックスホール
F201

欧州製薬団体連合会

グローバル企業からみた日本
-再生医療等製品開発の実際と課題-

EFPIA Japanでは、『革新的な医薬品・ワクチンの早期導入を通じて日本の医療と患者さんに貢献すること』を使命に、日本で事業展開する24の欧州系製薬企業が参画し、日々ステークホルダーとの対話やグローバルのベストプラクティスの提供などの活動を行っている。本セミナーでは世界からも注目を集める日本での再生医療等製品の開発を題材とし、グローバル企業による開発の実例やその際に散見される課題、薬価制度への期待などを紹介する。さらにパネルディスカッションを通じて日本のバイオ医薬品市場における将来的な展望を総合的に議論したい。

コーディネーター

江島伸一

ノボノルディスクファーマ 専務取締役/欧州製薬団体連合会バイオロジクス委員会 委員長 

日本のバイオ産業への期待

サイモン・コリア

欧州製薬団体連合会 理事長

グローバルファーマの再生医療戦略 世界同時開発への挑戦

寺尾 寧子

ヤンセンファーマ 研究開発本部クリニカルサイエンス統括部 ディレクター

再生医療等製品の開発における諸問題 -遺伝子治療と カルタヘナを例に -

早田 悟

欧州製薬団体連合会 バイオ医薬品部会 部会長/グラクソ・スミスクライン 稀少疾患医薬品開発センター センター長

バイオ医薬品、価格から価値へ

原 邦之

サノフィ 執行役員渉外本部長

このウィンドウを閉じる