オープンステージセミナー 2016年10月14日(金) 12:00-12:10

【FIRM会員企業カンパニープレゼンテーション】

クラレ

川越 雅子

新事業開発本部 成形部材事業推進部 マイクロデバイス開発チーム 研究員

三次元細胞培養プレート ELPLASIAのご紹介

<Elplasia>は、容器底面に精密な数十~数百マイクロメートルレベルのマイクロ構造を持つ培養容器である。弊社が培った微細加工技術により、容器底面に枡形、U底型、あるいは直線状の溝など、様々なマイクロレベルのパターンをデザインすることで、従来の平面培養では成し得なかった細胞形態の制御が可能になった。現在、6, 24, 96, 384 wellのSBS規格サイズの製品を販売している。
<Elplasia>の主な特徴を列挙する。
・1 well内に均質なサイズで多くの細胞塊を容易に形成可能 <Elplasia SQ/RB/MP>
・物理的ストレスフリーに細胞塊を回収することが可能 <Elplasia MP>
・イメージングに適するプレート有り <Elplasia SQ>
当日は、弊社の微細加工技術を用いた培養プレート<Elplasia>と、その応用例について紹介する。

 

このウィンドウを閉じる