ランチョン

2017年10月12日(木) 12:00-13:00

アネックス
ホール
F205/F206

同時通訳

【L-5】 武田薬品工業

産官学パートナーシップによる創薬エコシステムの創設

創薬イノベーションを加速させるためには、産官学がオープンに連携できる枠組みの構築が必要と考えられます。また、アカデミアやベンチャー企業のアイディアに対して、企業が創薬基盤や様々なノウハウを提供し、創製を加速する「創薬エコシステム」の構築が不可欠です。
武田薬品が推し進めている創薬エコシステム:湘南ヘルスイノベーションパーク構想について、その概略ならびに将来像をお話しします。

武田薬品が考えるイノベーションと創薬エコシステム

平手 晴彦

武田薬品工業 コーポレート・オフィサー

湘南ヘルスイノベーションパーク:創薬エコシステムへの取組み

池浦 義典

Axcelead Drug Discovery partners 代表取締役社長

このウィンドウを閉じる