ランチョン

2017年10月13日(金) 12:00-13:00

アネックス
ホール
F201

【L-6】 第1回 RORZE Lifescience セミナー

ヒトiPS細胞の創薬応用

様々な組織細胞を作り出せるヒトiPS細胞は、疾患モデル、創薬、再生医療等への活用が期待されている。創薬においては、医薬品候補化合物の薬理学的、薬物動態学的、毒性学的評価を、通常では入手困難なヒト組織細胞を用いて行えるようになり、臨床予測性を飛躍的に向上させうる可能性がある。
本セッションでは、ヒトiPS細胞の創薬応用例や、それに向けたシオノギの取り組みについて紹介する。

ヒトiPS細胞の創薬応用

武本 浩

塩野義製薬 創薬疾患研究所 主席研究員

高橋 浩治

塩野義製薬 創薬疾患研究所 幹細胞研究グループ長

このウィンドウを閉じる