主催者

2017年10月11日(水) 12:45-14:45

アネックス
ホール
F205/F206

同時通訳

【O-1】 ライフイノベーションフォーラム -医療イノベーション政策の現状と課題-

①IT技術、AIなどの革新的な発展と医療データベースの集積
②地域医療を含む、患者さんへの最適医療の提供
③経済的に合理性をもった医療の提供
④科学の進展による新しい医療(例えば再生医療、細胞治療、がん免疫等)を促進する政策
⑤ベンチャーを含め、製薬企業など各産業の成長促進
など、これからの医療分野におけるイノベーション政策について多方面から議論を深めたい。

コーディネーター

山崎 達美

バイオインダストリー協会 運営会議議長

日本の医療イノベーション政策

和泉 洋人

内閣官房健康・医療戦略推進室 室長

Policy on Medical Innovation in Lithuania

Aurelijus Veryga

Ministry of Health of the Republic of Lithuania Minister of Health

Creating Conditions for Innovation to Flourish

Prof. Sir David Lane

Chief Scientist, A*STAR; Director, p53 Lab

AMEDのミッション:研究開発の隘路解消に向けて

末松 誠

日本医療研究開発機構 理事長

製薬企業とイノベーション

中山讓治

第一三共 代表取締役会長兼CEO

イノベーションの適切な評価制度の必要性

関 篤史

UBS証券 エグゼクティブ・ディレクター

Supporting Biotech Innovation, a Global Perspective

Joseph Damond

International Affairs, Biotechnology Innovation Organization (BIO) Executive Vice President

このウィンドウを閉じる