2017年10月13日(金) 13:30-14:30

アネックス
ホール
F203

【S-16】 北海道

北海道から発信するバイオ産業クラスター
~北海道のポテンシャルを活かした産学官連携拠点の魅力~

北海道には、医療系大学の集積や研究シーズに加え、良質で豊富な機能性素材、ものづくり産業の集積など、健康長寿社会に向けての有用な資源が多く存在します。
本セミナーでは、「医薬品開発における研究事例や最先端の研究シーズ」、「道産素材を活用したバイオ関連製品の研究・開発事例」に加え、バイオ産業振興に向けた支援制度や研究環境など、北海道でのバイオビジネス展開の参考となる取組をご紹介します。

北海道発創薬へ! 旭川医科大学の取り組み
~毛細血管由来幹細胞CapSCs、新規IBD治療薬ポリリン酸~

尾川 直樹

旭川医科大学 知財マネージャー

グリコサミノグリカンの低分子化による糖鎖オリゴマーの実用化
~ナノ型コンドロイチンとは~

宮本 宜之

丸共バイオフーズ 代表取締役

バイオ産業振興に向けた北海道の取り組み

工藤 昌史

北海道科学技術総合振興センター 研究開発支援部長

このウィンドウを閉じる