【首都圏ARコンソーシアム、私立大学19大学が有する研究シーズを通じて革新的医療を共に実現するパートナーを募る】

MARC

小間番号: D-59

首都圏ARコンソーシアム(MARC: Metropolitan Academic Research Consortium)は、首都圏の私立医科大学をはじめとする臨床研究機関が連携・協力関係を結び、アカデミアの基礎研究の成果を医薬品や医療機器として実用化につなげる橋渡し研究の体制構築を目指して誕生した機関だ。今回のBioJapanでは、構成機関がもつ研究シーズを紹介し、ともに医薬品や医療機器の開発、治験の実施を行いたい企業や研究機関にアピールすることを狙いに初出展する。

医学部を擁する私立大学によるネットワーク形成最初

最初に、MARC発足の経緯について紹介しよう。
日本研究開発機構(AMED)では、橋渡し研究支援拠点や臨床研究中核病院などが一体となり、アカデミアなどによる基礎研究の成果を医薬品・医療機器などの形として実用化につなげるための体制構築を目指す「革新的医療技術創出拠点プロジェクト」が推進されている。
このうち橋渡し研究支援拠点の整備事業は、文部科学省による「橋渡し研究支援推進プログラム(平成19~23年度)」(橋渡し研究第1期)、「橋渡し研究加速ネットワークプログラム(平成24~28年度)」(橋渡し研究第2期)を受け継いだものだ。平成29年度からは、橋渡
し研究の第3期として「橋渡し研究戦略的推進プログラム」が進行している。
橋渡し研究戦略的推進プログラムに採択された10拠点のうち、唯一の私立大学が慶應義塾大学だ。他の9拠点(すべて国立大学法人)では、周辺の大学などとネットワークを形成しており、情報共有や人材交流などが活発に行われている。これにならい慶應大学も、首都圏で医学部を擁する私立大学を中心にネットワークを形成し、基礎研究の成果の実用化に向けた臨床研究や治験の加速化・効率化を目指すこととした。こうして2017年1月に設立されたのがMARCであり、現在は19大学から構成されている。

なお、構成機関の19大学とは別に連携協力機関がある。連携協力機関は、病院などをもたず自身のみで臨床研究などを行うことはできないが、特に有望な医療シーズや医療応用可能な革新的技術を有する機関である。これらの非医学部とも連携して、異分野研究シーズの発掘の加速化を視野に入れている。
MARCの主な機能は5つある。AMEDや厚生労働省等の省庁、ARO協議会などの最新動向を共有する「橋渡し研究・臨床研究に関する情報共有」、被験者リクルートや多施設共同治験の調整などを行う「臨床研究・臨床試験・治験における連携調整」、共同利用できる研究施設や機器などを紹介する「研究リソースの共同利用」、講習会やOJTなどを通じた「研究者・研究支援者の人材育成と交流」、様々なノウハウや専門人材による包括的な「橋渡し研究開発の支援」だ。

課題解決に向けた4つのワーキンググループ

MARC の重要な取り組みの一つに、ワーキンググループ(WG)による課題解決のための議論がある。現在は、以下の4つのWGによる定期的な協議が行われている。

1.体制整備WG

各構成機関の実態を把握するとともに、MARC 内で補完、支援、協力などが可能であるかを検討する。特に、2018年4月の臨床研究法の施行に伴い、MARC内での相互支援に仕組みについて具体的な協議を行っている。

2.シーズ発掘WG

各大学がもつ研究シーズを把握し、臨床に向けて速やかに研究開発を推進できる仕組みを 構築する。MARCと連携する協力機関の参画、企業連携についても検討する。

3.教育・人材交流WG

研究者を対象とした臨床研究合同研修会や、ARO従事者などの臨床研究支援者を対象とした 講演会などを定期的に開催し、基礎研究から臨床研究に関する人材育成・交流を行う。

4.臨床研究WG

MARC のネットワークを活かし、共同臨床研究の計画立案や実施の協力体制について検討する。構成機関すべての病床数は約3万6000床に上り、大規模な多施設共同試験や、希少疾患の治験を行うことができるのは大きなメリットだ。

研究シーズを紹介して研究機関の参画や企業連携を試みる

今回のBioJapanでは、特にWG2に関連する研究シーズを紹介し、研究機関や企業へのアプローチを試みる。
研究シーズを求める製薬企業や医療機器メーカーにとっては、複数の大学の研究シーズを比較、検討できる機会といえる。また、治験を行う際に必要とされる開発業務受託機関(CRO)や検査機関にとっては、MARC が行う治験などにおいて自社のサービスなどを提供できる可能性がある。
ブースでは、MARC の取り組みだけでなく、構成機関が有する具体的な研究シーズも紹介する予定だ。

(取材・文:GH株式会社 島田)