オープンステージセミナー 10日(水) 14:50 ~ 15:00

池田理化

小林 太朗

営業統括室 課長代理

省スペースで低コストに均質な細胞処理を実現する閉鎖系システムの紹介

2013年11月に薬機法および再生医療新法が施工され、我が国では日常的に再生医療関連の話題がニュースになるなど、再生医療の産業化は徐々に進んでいると考えられる。再生医療の産業化には細胞加工の自動化が必要であり、これら装置の開発や導入が話題として取り上げられる場面もある。一方、再生医療等製品の開発は諸外国でも盛んに行われており、自動化と従来の手法を比較した報告も増えてきた。本プレゼンテーションでは閉鎖系自動加工装置と諸外国におけるその運用例を紹介する。

このウィンドウを閉じる