オープンステージセミナー 11日(木) 11:30 ~ 11:40

大陽日酸

吉村 滋弘

開発本部 プロジェクト推進統括部 凍結保存プロジェクト プロジェクトマネジャー

液化窒素式凍結保存機器の開発

大陽日酸は国内最大の工業ガスメーカーであり、国内唯一の液化窒素式凍結保存容器のメーカーで、これまでに国内主要細胞バンク等、数多くの凍結保存システムを納入してまいりました。液化窒素凍結保存は、超低温下で生体試料を安定して保存が可能なことに加え、真空断熱容器内に液化窒素を貯留する為、災害での停電等に対しても長期に渡って低温を維持でき、より安全性の高い保存方法となります。今後の再生医療や細胞医薬の本格的な実用化に向けても、凍結保存技術は必要不可欠であると考え、新たな液化窒素関連機器の開発を進めてまいりました。今回、自動凍結保存システム”Cryo Library®”シリーズのバイアルボックスや血液バッグ等の収納形態や収納スケールを考慮した開発、また液化窒素を真空断熱容器内で吸収させるドライシッパー等の凍結搬送機器の開発、商品化に関する報告をさせて頂きます。

 

このウィンドウを閉じる